【ツキ板シート専用ボンドは2種類】

弊社のツキ板シートに合わせた専用ボンドを2種類販売しています。ツキ板シートの使用方法や貼る場所の状況に合わせて専用ボンドのどちらが適しているかを選んでください。

【アイロン用ボンド】

このボンドはアイロンと併用する事でタイトに接着出来るボンドです。再接着性(融着性能)に優れているのでアイロンの熱により融着できます。

絶対条件としてツキ板シートを貼る下地(貼る場所)にボンドが浸透出来る状況である事です。

塗装付き/プリント合板/ポリ合板/ガラス/アクリル等には適さないボンドです。このような状況の物にこのアイロン用ボンドを使用すると乾燥したときに綺麗に剥がれてしまいます。

このアイロン用ボンドは表面に浸透して硬化したときに接着力を発揮するボンドです。

アイロン専用ボンド

>>アイロン用ボンドの詳細



【エバーグリップ686FV】

この接着剤はゴム系の接着剤ですので幅広く使用出来ます。色々な状況下での使用が可能で塗装面にも粘着出来る優れた接着剤です。

リニューアル等で良く使用される接着剤で、初期接着力が強くツキ板シートを簡単に貼り付ける事ができます。

ツキ板シート用ゴム糊エバーグリップ

>>エバーグリップの詳細



【ボンドの選択に関するお問い合わせ】

■ お客様からのお問い合わせで多く寄せられるのが「どちらの接着剤を選択すればよいのか?」と言ったお問い合わせを多くいただきます。

■ お客様がツキ板シートを貼りたい場所の状況はお客様にしか判断出来ません。そのため写真をお送り頂いたり詳しく状況を説明頂いてもお客様が貼る場所の状況を良く理解していないと状況を教えて頂く弊社でも状況が理解出来ないのでアドバイスできることがございません。

■ ツキ板シートを貼りたい場所の素材が何なのか?塗装は着いているのか?をご理解頂いて木製品で塗装が着いていない場合や塗装が着いていてもお客様ご自身で塗装膜をすべて削り取る事ができるのでしたら、「アイロン用ボンド」をお勧めしますす。それ以外の状況でしたら「エバーグリップ」をお勧めします。

■ 貼り付け作業をされるのはお客様ですのでお客様自身の責任でボンドの選択をしてください。素材が特殊な場合やお客様で理解出来ない場合には一度お客様自身で実験してから本作業にはいるほか方法はございません。

カテゴリーから探す

グループから探す

コンテンツ

ショップについて

Tadashi Ban

天然木のツキ板/突き板(つきいた)シートを通販でネット販売しています。木材を薄くスライスしたツキ板/突き板/単板を色々な物や場所に簡単に貼り付けられるように加工したツキ板(突き板)シートは、色々な物を木製化できます。

ギターのリニューアルにも使われる「メープル」「マホガニー」などのツキ板も取り扱っています。

天然木の好きな方や自然の風合いをお求めの方は、是非一度弊社のツキ板シートで色々な物を天然木で飾ってみてください。

ツキ板シートのタイプも色々ございます。和紙で強化した物/粘着テープの着いた物/樹脂含浸紙で強化した物3タイプをご用意していますので、お客様にあった商品をお選びください。

ツキ板シートのタイプ別に貼り方のご紹介もしてありますので、初めての方でも安心してご利用ください。