【 ツキ板シート「クイックタイプ」の貼り方 】

ツキ板シート「クイックタイプ」は粘着テープが付いているので接着剤は必要ありません。ただし、強力な接着力が必要な場合は「エバーグリップ」を併用することで強力に接着できます。

ツキ板シート「クイックタイプ」は幅つなぎでの使用には向きません。ツキ板シートの伸縮によりジョイント部分が空く場合があります。

ツキ板シート「クイックタイプ」の貼り付け詳細

1.ツキ板シート「クイックタイプ」を貼る場所を綺麗にする。

1−1.ベニヤや集成材等の木製品に貼る場合は表面をサンドペーパーでサンディングしてできるだけ凸凹が無くなる様にする。サンディングした後はオガコをエアーで飛ばすか雑巾等ではたいて木目に入り込んだオガコと取り除く。

アクリル/ガラス/プラスティックに貼る場合は表面の汚れや油分を綺麗に拭き取る。


2.ツキ板シート「クイックタイプ」の裏面の剥離紙を剥がし貼り付ける。

2−1.ツキ板シート「クイックタイプ」の裏面には文字が書かれた白色の剥離紙が付いていますので、角の部分よりゆっくり剥離紙を剥がして貼りたい物に端から順番に貼ってください。

面積の広い場所にツキ板シートを貼る場合は剥離紙を全部剥がさず、剥離紙を少しずつ剥がしながら貼り付け作業するとうまく貼り付けられます。


3.当て木やローラーで密着させる

3−1.当て木やローラーで空気を押しだしツキ板シートを密着させる。中心部分から端に向かって空気を押し出します。


4.はみ出したツキ板シートをカッターでカットする

4−1.余分なツキ板シートをゆっくりカッターを動かして切り取ります。できるだけギリギリまでカットして後はサンドペーパーの#180〜#220で指が引っかからなくなるまでこすり取っていきます。


5.仕上げの塗装をする。

仕上げの保護塗装には「木工用」の塗料であればどんな物でも使用できます。塗料メーカーの指示通りに塗布すれば綺麗に仕上がります。

塗布量を多く塗布してしまうと、接着層まで塗料が浸透してツキ板シートを破壊する恐れがございますので、塗布量は指示通りにまもってください。

基本的な貼り方の説明ですので貼る場所の素材や状態により作業方法が異なります。貼り付け作業はお客様の判断と責任で行って下さい

カテゴリーから探す

グループから探す

コンテンツ

ショップについて

Tadashi Ban

天然木のツキ板/突き板(つきいた)シートを通販でネット販売しています。木材を薄くスライスしたツキ板/突き板/単板を色々な物や場所に簡単に貼り付けられるように加工したツキ板(突き板)シートは、色々な物を木製化できます。

ギターのリニューアルにも使われる「メープル」「マホガニー」などのツキ板も取り扱っています。

天然木の好きな方や自然の風合いをお求めの方は、是非一度弊社のツキ板シートで色々な物を天然木で飾ってみてください。

ツキ板シートのタイプも色々ございます。和紙で強化した物/粘着テープの着いた物/樹脂含浸紙で強化した物3タイプをご用意していますので、お客様にあった商品をお選びください。

ツキ板シートのタイプ別に貼り方のご紹介もしてありますので、初めての方でも安心してご利用ください。