【リニューアル何から始める?】

■ ツキ板シートを使用した補修やリニューアルには、まずツキ板シートを貼り付ける場所の状態を認知する必要があります。ツキ板シートのタイプを選択する前に必ず調べておく必要がある事です。

■ 補修の場合の多くは「表面のツキ板らしき物が剥がれてきている」「経年劣化で表面が著しく汚れてきた」などの理由が多いのですが、状態は様々で同じ工程で補修作業が出来ない場合があります。

【塗装が付いている状態の場合】

■ 塗装の塗膜層を自分ですべて削り取れるのかを考える。電動サンダー等の塗装膜を削り取れる道具がある、又は手に入れられる場合は塗装膜をすべて削り取って木の層が出るまでサンダーで削りアイロン専用ボンドとアイロンでツキ板シートを貼る。この場合のツキ板シートの貼り方の詳細はツキ板シート【ノーマル】の貼り方を参考にしてください。

■ 表面の塗装膜を削り取る作業が道具などが無く削り取れない場合には、ホームセンター等で手に入るサンドペーパーで表面を綺麗にならした後にエバーグリップでツキ板シートを貼る(イージータイプがお勧め)この場合のツキ板シートの貼り方の詳細はツキ板シート【イージー】の貼り方を参考にしてください。

■ 塗装が着いている状態のままでは「アイロン用ボンド」は使用出来ません。「アイロン用ボンド」は表面に浸透して接着するので塗装膜に浸透出来ない状態では接着出来ません。同じ理由で木製品でない物「ポリ合板」「プリント合板」「アクリル」「ガラス」「金属」にアイロン用ボンドは使用出来ません。

【塗装がされて無い場合】

■ 作業はとても簡単です。表面をサンドペーパーで平滑に綺麗にしてツキ板シートを貼るだけです。アイロン用ボンドでもエバーグリップでも使用出来ます。

【ツキ板シートを貼った後】

■ ツキ板シートを貼っただけではリニューアル完成ではございません。折角綺麗に貼り替えたのですから少しでも長くこの状態が続くように保護塗装をしましょう。木工用の塗料のなかで自分で使える塗料を探して塗りましょう。保護塗装の方法は塗料に記されている方法に従って行ってください。塗装について詳しい事が知りたい場合には塗料メーカーのホームページをごらんください。

■ 塗装に付いての相談は弊社にするのではなく使用する塗料のメーカーにおたずね下さい。木製品に使用できる塗料はツキ板シートにも使用できます。ツキ板は厚みがとても薄ので塗布量を出来るだけ少なくし何度も塗り重ねてください。

カテゴリーから探す

グループから探す

コンテンツ

ショップについて

Tadashi Ban

天然木のツキ板/突き板(つきいた)シートを通販でネット販売しています。木材を薄くスライスしたツキ板/突き板/単板を色々な物や場所に簡単に貼り付けられるように加工したツキ板(突き板)シートは、色々な物を木製化できます。

ギターのリニューアルにも使われる「メープル」「マホガニー」などのツキ板も取り扱っています。

天然木の好きな方や自然の風合いをお求めの方は、是非一度弊社のツキ板シートで色々な物を天然木で飾ってみてください。

ツキ板シートのタイプも色々ございます。和紙で強化した物/粘着テープの着いた物/樹脂含浸紙で強化した物3タイプをご用意していますので、お客様にあった商品をお選びください。

ツキ板シートのタイプ別に貼り方のご紹介もしてありますので、初めての方でも安心してご利用ください。